スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県知事選、ダブル選ならず選管困惑(産経新聞)

 菅直人新首相が今国会の会期延長を検討する考えを表明し、参院選の日程が有力視されていた7月11日投開票から、同25日投開票にずれこむ見通しになったことを受け、同日選を想定していた滋賀県知事選が単独選挙になる公算が大きくなった。知事の任期満了が7月19日と25日にずらせないためで、県選管が期待した選挙費用の節約と投票率大幅アップは難しい情勢。担当者は相次いで浮上する日程案に翻弄(ほんろう)され「スケジュールを組み直さなければ」と頭を抱えている。

 県選管は3月下旬、改選にあたる参院議員の任期満了(7月25日)を考慮して、知事選について6月24日告示、7月11日投開票と暫定日程を決定。平成10年の知事選でも参院選にあわせて1週間ずらした経験もあったため、今回も仮に参院選が1週間ずれても対応できるとみていた。

 5月以降、国会審議の雲行きが怪しくなり、国会の延長論がたびたび浮上した。県選管担当者もやきもきしていたが、当初の想定通り、会期延長せず、7月11日投開票が有力視されていた直後、鳩山由紀夫首相が退陣。菅氏は会期を2週間程度延長する方針を示し、県選管のもくろみは“ご破算”になる可能性が高くなった。

 県選管では「県内市町は同日選を想定し投票所やポスターの掲示板もおさえている。両選挙が別日程となり期間がのびれば、また交渉をしなければいけない」と困惑。また、依然参院選の日程は正式決定していないため、「投票啓発をしようにも、確定しなければ動けない」と話している。

【関連記事】
滋賀県知事選に自民県連会長出馬へ 現職含む三つどもえ戦か
参院選、HPとブログは解禁 メールとツイッターは見送りへ
滋賀県知事選 ダブル選狙いで“暫定日程”
「内部抗争は信頼されぬ」 9月の党代表選で輿石氏
幻の樽床首相、橋下「大阪都」構想を否定
「はやぶさ」帰還へ

スムーズに政権移行=岡田外相(時事通信)
<鳩山首相>続投姿勢崩さず 三者協議は継続(毎日新聞)
与野党から国会延長・参院選先送りの声(読売新聞)
<首相交代>ビラなど手直し大あわて 民主・参院選候補者(毎日新聞)
警察に電話「養子縁組、狙われてる」 遺体発見女性の携帯に履歴(産経新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。